映画「容疑者Xの献身」ネタバレ&感想 堤真一の演技力がすごい

邦画

どうも管理人katuです。

今回は、映画「容疑者Xの献身」のあらすじ&感想について書いていこうと思います。

いや~、堤真一さん。流石でした!

映画「容疑者Xの献身」

一文あらすじ

天才物理学者VS天才数学者 完全犯罪は成立するのか??

Yahoo!映画さんだとこんな感じ

惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。

捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一) が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。

内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと 推理するが……。

 

容疑者Xの献身【Blu-ray】 [ 北村一輝 ]
価格:6172円(税込、送料無料)

 

この映画について

この映画は、ドラマ「ガリレオ」の劇場版という形で、放映されました。おそらく、ドラマ「ガリレオ」ファンにとっては、待ちに待った形の映画だったでしょう。

じゃぁ、ドラマ「ガリレオ」観てからこの映画観ないとわかんない?って方も、いらっしゃると思います。もちろん、ドラマ「ガリレオ」を観てからこの映画を観たほうが楽しめると思います。

しかし、この映画は特にドラマ「ガリレオ」を観なくても、十分に楽しめる映画だと思います。管理人自体、ドラマ「ガリレオ」を未視聴でこの映画を観たのですが、十分楽しめました♪

見どころ

豪華なキャスト

この映画の見所の一つは豪華なキャストさんでしょう。主演の福山雅治さんを始め、堤真一さん、柴咲コウさん、北村一輝さんなどなど。

どなたも主演で映画を務められるレベルの俳優さんが、勢揃いです。

構図

シリーズとしての話の進め方は、おそらく事件に困った警察が、天才物理学者の湯川(福山雅治)を訪ねて、ヒントや解決してもらおうというもの。

天才物理学者といえば、トリックシリーズでお馴染みの上田が出てくるのは私だけでしょうか笑
[youtube id=”LUktjXpYjJw” align=”center”]

こっちの天才物理学者は、まさにキレ者

上田なんて目じゃないっす笑(・∀・)

そんな、天才物理学者の湯川も認めるのが、同じく天才数学者の石神(堤真一)。彼らは大学の同期なんですが、そんな二人が頭脳戦でトリック合戦します。

石神の魅力

この映画は、湯川の魅力もさることながら、石神のキャラクターに引きこまれます。持ち前の暗い性格と、落ちぶれた人生。その中に現れた、一筋の光であるアパートの隣人の花岡靖子。

しかし、彼女は最低な元夫を自室で葬ってしまうんです。それを壁越しで聞いていた、石神は天才的な頭脳によって彼女の罪を背負っていく‥という話なんですが、この石神を見事に堤さんが演じています。

堤さんといえば、数々の映画やドラマに出演されている名俳優さんです。管理人的には、「ALWAYS三丁目の夕日」のお父さん役が印象強いです。

[youtube id=”ukps-UVPdBw” align=”center”]

しかし、今回はそんなお父さんの印象を見事に塗り替えます。

だって、完全根暗役ですから!(゜o゜)

この根暗っぷりがホントにすごいんです。ボソボソとしゃべり、目も常に虚ろ。これが、湯川と見事に対比していてさらに際立ちます。

イケメン湯川に対して、見事に地味な石神。授業でモテモテな湯川に対して、誰も話を聞いてくれない石神。人生の成功者湯川、人生の転落者石神。

と、見事に二人が対比された形で描かれています。

衝撃のラスト

この映画を観て、ラストで感想が分かれると思います。ある人物の行動で、なんでこんなことをしたんだという人もいれば、まぁこうなるよね。と、同感の思いの方も出る。そういうラストになっていると思います。

ラストについては、別記事で詳しくまとめていこうと思います。

管理人感想

この映画「容疑者Xの献身」は、正直見る前は

福山雅治さんがかっこいい映画でしょ(・∀・)

と、少し馬鹿にした印象でした。しかし、実際に見てみると出演の俳優陣の演技力に魅せられる素敵な映画でした。トリックやラストについては正直うーんという感じではありましたが。

それでも、管理人としては十分楽しめました♪