福山雅治主演 映画「そして父になる」二組の家族の数奇な運命

邦画

どうも管理人katuです。

今回は、福山雅治さん主演の映画。「そして父になる」の感想&ネタバレついて書いていきます。

あの結末、皆さんはその後どうなると思いました?

映画「そして父なる」ネタバレ&感想

一文あらすじ

息子の取り違えを通じて、父親もまた成長する

Yahoo!映画さんだとこんな感じ

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が 病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。

血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。

予告動画

[youtube id=”sRGhEzALb4w” align=”center”]

見どころ

二組の親子の対比

主人公の福山雅治さん演じる、野々宮良多はエリート建築家。大手の会社に務めていて、暮らしぶりもかなり裕福。まるでホテルのような家に住んでいます。

しかし、子供にはエリートコース進ませることばかり考えています。子供のことを見るというよりも、上層階級の人間にするための道を見据えてそれに従わせるような教育方針です。

一方の、リリー・フランキーさん演じる斎木雄大は街の電気屋さん。ボロい家に住んで、仕事も地元の住民だけというような質素な感じ。

しかし、飾り気がなく、子供との時間を何よりも大切にしています。しつけに対しても、寛容で叱って縛り付けるというよりも、褒めて伸ばすというような伸び伸びとした家庭です。

子宝にも恵まれ、三人の子供と夫婦で住んでいる大家族です。管理人は、この見事な対比がうまいなと感じました。

取り違えの事件

幸せにしていた、二つの一家でしたが、ある日悲劇が起こります。なんと、取り違えが発覚するのです。取り違えとは、病院で出産した子供が何かの手違やミスなどで、入れ替わってしまうことです。

6歳まで育て上げた子供が、ある日急に別人子供だったと告げられる。2つの家族に激震が走ります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

そして父になる DVDスペシャル・エディション [ 福山雅治 ]
価格:4818円(税込、送料無料) (2016/7/22時点)

 

結末

2つの家族はやがて、自分の本当の息子を育てようと決心して、互いの息子を交換します。しかし、異なった家庭環境で育った子供ですからまったくうまくいきません。

とくに、斎木家で育った野々宮の本当の息子。琉晴(りゅうせい)は、野々宮夫婦にはなつきません。野々宮家は決まり事が多く、伸び伸びと育った琉晴にはそれが堅苦しく感じるのです。

さらに、福山雅治さん演じる野々宮良多は、斎木雄大とは違い、子供にあまり熱心に構うことをしてきませんでした。そのため、琉晴には物足りなく感じてしまうのです。

しかし、良多はこの取り違えを通じて、琉晴を通じて、父親の本来の姿に気がつくのです。そして、良多が最後にとった選択とは?

詳しくはこちら
映画「そして父になる」のラストの解釈 ネタバレ有りの考察

まとめ

取り違えを通じて、父親の成長、家族とはなんなのかを描くこの映画。主演の福山雅治さんをはじめとして、リリー・フランキーさん、 尾野真千子さん、真木よう子など素敵なキャストさんが集まっています。

特に、真木よう子さんのお母さんがキュート。茶目っ気たっぷりで、子どもたちにウィンクとかしてホント子どもたちのこと好きなんだな~って伝わってきます。

こちらの魅力は別記事でしっかりと紹介したいと思います笑

関連記事
映画「そして父なる」の真木よう子のウィンクが可愛すぎる件について

取り違え問題の映画ですが、観て残ったのは「父親の愛情とはなんなのか、子供を通じての親の成長とは」というテーマでした。子育てをする上で、外せないこの問題を2つの家族を通じて考えてみるのもいいかもしれませんね♪

その他の映画「そして父になる」の記事はこちら
映画「そして父になる」まとめ