映画「カイジ 人生逆転ゲーム」名言まとめ キンキンに冷えてるのは床じゃなかった!

邦画

どうも管理人 katuです。
藤原竜也さん主演の映画「カイジ 人生逆転ゲーム」での名言をまとめていこうと思います。 この映画、こちらの記事でも書きましたがやる気出なかった時とか、適当に生きてるな~って時にかなり奮い立たせてくれるセリフが散りばめられています。

ここでは印象に残った名言をまとめていきます。
映画「カイジ 人生逆転ゲーム」あらすじ&感想 予告動画

映画「カイジ 人生逆転ゲーム」名言まとめ

質問すれば返ってくるのが当たり前か!お前たちは皆まるで幼児のようにこの世を自分中心に求めれば、右往左往して世話を焼いてくれる。

臆面もなくまだそんな風に考えてやがる。甘えるな!世間はお前らのお母さんではない。お前らはシャバで甘えに甘え負けに負けてここにいる折り紙付きのクズだ。

クズには元来権利など何もない船の中でも外でもな。それはお前達が負け続けてきたからだ。他に理由は一切ない。お前らが今成すべきことはただ勝つこと

勝つことだ! 勝ったらいいなじゃない勝たなきゃダメなんだ。勝ちようとせずに生きようとすることがそもそも論外なのだ。今宵はクズを集めた最終戦。

ここでまた負けるような奴そんな奴の運命など俺はもう知らん本当に知らん そんな奴はもうどうでもいい。

勝つことがすべてだ 勝たなきゃゴミだ。

借金まみれの者たちを集めて、一夜限りのゲーム大会が船の上で行われます。ゲームに勝つと、借金はチャラ。夢の様な大会ですが、うまい話には必ず裏がある。

参加者たちが、最初のゲームの説明を受けた時に負けた場合はどうなるのかと、ゲーム主催者の利根川という人物に問い詰めた時にでる名言です。

人間を人間と思っていない利根川。そして、このゲームの狂気がうかがえます

ありがてー。キンキンに冷えてやがる。 うめーっ悪魔的だ うますぎる!

1回目のゲームに敗れて、地下労働をさせられるようになったカイジ。そこでは、一ヶ月働くと給料が出るのですが、地上の労働とは比べ物にならないほどの低賃金。それに比べて売られているビールや酒のつまみは高価な設定。

カイジは、少しの出費も無駄にはできないと最初は我慢します
しかし、班長が今回は俺のおごりだといって、冷たいビールを持ってきてくれるんですね。そして、飲んだ時に出るのがこの名言です。

結果的に、班長も上とつながっていてホントは良心からのおごりではなく、ビールの味を味あわせてお金を巻き上げようという腹黒い奴だったという最悪なパターンなんですが、カイジのこのウマそうにビールを飲むシーンは印象的でした。

藤原竜也さんのものまね芸人のGたかしさんがよくやるキンキンに床が冷えてやがるよ~はホントはビールだったんですね。劇中藤原さんの台詞が出た時思い出して笑ってしまいました。

貴様 生まれてから何度その台詞を吐いてきた?世間はお前らクズの決心をいつまでも待ったりはせん!

一生迷ってろ そしてチャンスを失い続けろ!

命をかけたゲームで、尻込みをする参加者に向けて放った利根川の言葉です。命をかけるという意味では、確実にやりすぎですが、言っている内容としては正しい気がします。

お前らみたいな気持ち悪い金持ちよりな 最後の瞬間に自分以外の人間を心から気にかけることのできたおっさんはどんなに どんなに上等か。

最後の最後に見せたんだ 意地を 強さを 決して無駄な人生じゃない。

おっさんの人生は負けじゃないむしろ勝った 勝ったんだよ利根川!

1回戦の時に、タッグを組んで負けてしまい、一緒に強制労働をさせられている石田のおっさん。

臆病で、ビビリのおっさんでしたが、もう自分はダメだと悟った時に、カイジに娘のことを話して、自分の賞金を娘にあげてくれと言い残し亡くなります。

亡くなり方も、他の参加者は悲鳴を上げて脱落していくのに、カイジを動揺させないために無言で脱落していきます。カイジは石田のおっさんの意思を受け継ぎ、無事にゲームをやりとげて利根川たちの前に立って言い放った言葉です。

ちなみに、この命をかけたゲームは金持ちたちが観客として他の部屋からじっくりと眺めています。ホント、この金持ちたちの悪趣味には反吐が出ますね。

まとめ

以上が管理人が心に残った映画「カイジ 人生逆転ゲーム」の名言です。ぶっちゃけ、これ以外にも名言はあると思いますが、書ききれなかったのでいくつかピックアップしました。

この映画は、確かにお金イズベスト。貧乏人と金持ちという構図が描かれます。しかし、本題は手に汗握る心理戦なんじゃないかと思っています。

みているこちらまで緊張してくるあの感じは素晴らしいと思います。

さらに「カイジ」の名言が気になる方はこちら
カイジ紫玉の名言集

関連記事
映画「カイジ 人生逆転ゲーム」あらすじ&感想