映画「永遠の0」感動に持ってきすぎた感が否めない‥

邦画

どうも管理人katuです。

今回は岡田准一さん主演映画「永遠の0」をネタバレしつつ、感想を書いていこうと思います。

正直、管理人はこの映画なんか惜しい気がしています。

映画「永遠の0」

一文あらすじ

絶対に帰りたかった最強の飛行機乗りとその子孫の話

ちなみにYahoo!映画さんではこんな感じ

祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。

進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛かり、かつての戦友たちを訪ねる。

そして、天才的な技術を持ちながら“海軍一の臆病者”と呼ばれ、生還することにこだわった祖父の思いも寄らない真実を健太郎は知ることとなり……。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

永遠の0 DVD通常版 [ 岡田准一 ]
価格:3119円(税込、送料無料) (2016/8/18時点)

 

見どころ

空戦の映像

正直、話の軸は主人公である現代の若者が祖父の過去を知ることによって、こちらの観客も過去に散っていった英霊達に思いを馳せることにあると思っています。

ああ、こういった人たちがいたから我々の現代があるんだなぁと。

しかし、正直管理人はこの映画ではあまり感情移入できなかったんですよね。そこんところは後々に書きますが、そのためか別のところに注目しました。

それは、空戦の映像の良さ

主演の岡田准一さんが演じる宮部久蔵はエースパイロット。よって、空戦の技術が半端ないんですが、そのあたりをCGで見事に映し出してくれたなと思います。

手に汗握る空戦にこちらも緊張しました。

キャスト陣

キャスト陣に岡田准一さんを始めとして、三浦春馬さん、上田竜也さんなどイケメンを推しているのが印象的です。

ただ、演技としては田中泯さん演じる景浦介山が印象的でした。景浦もまた、エースパイロットの1人なのですが、立ち位置としては宮部の部下。

宮部とは違い、好戦的な性格で宮部をいつか抜かそうと虎視眈々と狙っていましたが、結局は技術の差で負けます。

終戦後はヤク○の親分になっているんですが、渋いんですよね~。静かに怒るのが怖いってのはああいうことを言うんだなと思いました。

なぜ永遠の0を楽しめなかったのか

こういう戦争映画を観るとき、いつもどんな気持ちで見るか迷ってしまう管理人。

戦争の悲惨さを観て、不戦の誓いを胸にしよう。

と観たとしても、どんな優れた映画でも実際には叶わないというのを考えてしまいます。

フィクションだから、思いっきり感動しよう。

と思って観たとしても、実際に戦争はあったわけだからそれを楽しんで観ていいものかなんて気持ちが湧いてきたりするんです。今回は、ちょうど終戦記念日ということで、戦争で散っていた先人たちに思いを馳せようとしてこの映画を見ました。

が、蓋をあけてみるとどうも釈然としなかったんですよね。その原因は、おそらく感動仕立てにしすぎたことです。

宮部の妻の切り替え

結局、宮部は特攻により亡くなってしまいます。

そしてそのことを伝えるために、彼の代わりに生き残った大石 賢一郎という若者が宮部の妻のもとに来ます。宮部は、大石を自分の代わりに生きさせて、妻のことを託したのです。

大石はその言いつけ通りに、宮部の妻のもとに度々通い彼女の世話をします。

そんなある日、宮部の妻は大石にもう自分たちの世話をしなくもいいと切り出します。いつまでも彼の世話にはなっていられないという考えからでした。

しかし、実は大石は宮部の言いつけもさることながら、宮部の妻を初めてあった時から愛していたのです。

大石は、自分の気持の浅ましさを恥じて出ていこうとしますが、宮部の妻はそれを引き止めます。

そして、宮部が出発前に言った「どんなになっても必ず帰ってくる」ということを思い出し、宮部の魂が大石となり帰ってきたのだと語るのです。

管理人はどうもここが、う~んと考えちゃいました。

たしかに、わかるんです。宮部は確かに、出立前にそういうことを彼女に伝えたし、実際に大石が宮部の遺言を実際に果たすためにやってきた。

さらに、言いつけだけではなくて本心で自分たちのことを面倒を見てくれていると知った。女手一つで苦労して子供を育てるというのは非常に苦しいことだし、不安な気持ちもさぞや多いことだろうと。

だけど、大石が自分の気持を伝えた途端に、今まではもう私たちのことは気にしないでくださいと言っていたのがころっと態度が変わって、一緒にいてほしいって言い出す。

この代わり身の速さに温度差が出ちゃいました。大石が出て行って、少し考えて後を追って気持ちを伝える。こういったシーンのほうが個人的には、彼女の気持ちがより感じられたのかなと思いました。

大石の爺さんのラスボス感

三浦春馬さん演じる佐伯健太郎は、おばあさんの葬式の時に実は自分の祖父はホントの祖父ではないという事を知らされます。

本当の祖父の名は、宮部久蔵だと。そこから物語がはじまっていくわけなんですが、物語終盤。宮部が最後に自分の命の代わりに助けた人物の名が判明します。それが、大石 賢一郎 。

つまりは、自分が今までおじいさんだと思ってきた人物だったのです。

ちなみに健太郎は、宮部のことを探す際に、自分の爺さんだと思っていた大石に了解をちゃんと取ります。そして大石は、宮部さんのことを調べて欲しいとむしろ彼にお願いするんです。

が、物語終盤。ついにピースが揃ったところで、大石の爺ちゃんに会いに行くと。そうだ、わしが宮部教官に命を救われたんじゃって語り出すんです。

いやいやちょっとここの温度差どうにかしてほしい。最初から私の知っていることはねって教えてあげればいいものをなんでわざわざこんな劇的な再登場をするのかと。

RPGかよ(゜o゜)

で、当然ながら誰も彼について突っ込まない。そうだったんだねって言いながらみんな泣いてる。

この不自然さがどうも鼻につきました。ぶっちゃけ大石の爺ちゃんがだいたい喋れたよ。宮部さんがどんな教官で、どんな人物だったのか語れただろうし、最期もあなたがキーパーソンじゃんどう考えてもっていう。

おそらく、最後らへんに出てくるあの時代の人はみんなが物語を持っていて、それを胸に秘めている。

ってことを孫達に自分の足で調べさせて体感して欲しかったんだろうけども、それでも最初に少しくらい含みを持たせてもいいんじゃなかろうか。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

野生のラスボスが現れた!(1) [ 炎頭 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/8/18時点)

 

ラストのCG

最後、本当のおじいさんの過去を知った健太郎は、歩道橋の上に立っている。そこに、現在の東京の空に宮部の乗ったゼロ戦が飛んで、健太郎の頭をかすめるっていうシーン。

おそらく、過去と現代の繋がり。忘れ去られた過去と現在をつなぐという意味でわざわざCGで飛ばしたんだろうけども。

あそこはホント蛇足に感じました。

黙って、健太郎が1人空を見上げるってだけで終わらせてくれれば、想像で過去と現在をつないでいるんだろうなってのがわかるし、余韻にひたれます。

あのCGのおかげでホント陳腐な感じになっちゃっていて残念です。

まとめ

戦争映画そのものに違和感が出てしまう管理人ですが、今回の「永遠の0」は残念ながらそれだけでは終わらない感じでしたね。

ストーリーや魅せ方自体が自分に向いてませんでした。

原作が小説なので、尺の関係上おそらくかなり無理があってこうなってしまったのかもしれませんが、どうにも肌に合わない作品でした。

感動の押し売りというかなんというか。久々に自分と作品に温度差を感じました。

ただ、部分部分をみればいいところもあるんですよ。文中でも紹介しましたが、空戦の映像とか、田中泯さんの渋さとか。

他にも、戦時中の生死観の狂気とか上手く描写できていたと思うんですがね~。大筋がどうも納得出来ず残念な作品となってしまいました。

その他の映画「永遠の0」の記事はコチラ
映画「永遠の0」まとめ