映画「LIFE!」が想像の斜め上いってて自分には早すぎた件

洋画

どうも管理人katuです。

この間の合コンで女の子二人が

映画の「LIFE!」、マジで好きなんです~(・∀・)

って言ってたのを聞いて、「LIFE!」ってそんな面白かったっけ?むしろ寝そうで退屈な思いでしか無い。

いやいや、きっと女の子にはバカウケな理由があるはず!ってわけで、改めて観直してみました。

うん、わからなかった\(^o^)/

映画「LIFE!」

一文あらすじ

妄想たくましい男が勝負に出て、灯台下暗しだった話

何を言っているのかまったくわからないと思うので、Yahoo!映画さんのあらすじを観てみましょう。

雑誌「LIFE」の写真管理部で働くウォルター・ミティ(ベン・スティラー)は、思いを寄せる女性と会話もできない臆病者。唯一の特技は妄想することだった。

ある日、「LIFE」表紙に使用する写真のネガが見当たらない気付いたウォルターはカメラマンを捜す旅へ出る。ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤへと奇想天外な旅がウォルターの人生を変えていく。

映画予告

見どころ

景色が綺麗

とっても残念ながら、管理人はこの映画に見どころを見つけることが出来なかったよ。

しいて言えば、これ。

ニューヨークからグリーンランド、アイスランド、ヒマラヤといろんな綺麗な景色が見れますよ~ってこと。

オススメできないポイント

これこそ、管理人が待ちに待ったコーナーですよ。残念ながらね!笑

ミティは奥手でどうしようもない説

ベン・スティラーさん演じる主人公のミティは超有名雑誌「LIFE]の写真管理部に勤めています。そしてそこで、クリステン・ウィグ演じるシェリルに会って恋をする。

話の流れでは、ミティは恋に奥手で特にアピールするポイントがない。事あるごとに妄想しているただの変態野郎なわけです。

が、実際にしっかり見てみるとそうでもないんですよ

しっかり、ミティがネットで恋人募集していると知ったらアプローチをかけにいってるし、すごくスケートボードは上手いしで。

何より、彼女は入ってまだ間もない新人。彼は何年も務めているベテランなんです。アピールするとこありまくりなわけです。

にも関わらず、ネガ事件が起こって行動しないと何も生まれないよね。みたいなあの流れ一体なんなのと違和感を感じます。

ネガ事件が起こらなくても、きっとミティはシェリルにアプローチすることが出来ていたはずです。

妄想

そして、さきほどちらっと説明した妄想のクセ。これがこの映画をさらに台無しにしてるんですよね。

シェリルの妄想は現実世界で突然起こります。それもCG技術などを駆使して、非常にリアリティのある形で妄想の内容を映像化しています。

が、そこで管理人の中で起こってしまったのが「これは妄想なのか、現実なのかわからない」っていう感覚でした。

後に、ネガ事件をきっかけに彼が体験する事柄はすべて常識を逸したもの。これって、現実?妄想?って常にハテナの状態で映画を観ることになってしまいました。

彼の妄想のクセをしっかりと描かずに、ネガ事件後の彼の経験を描いてくれたら、よりしっかりと彼の状況の変化を体感することが出来たと思います。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

LIFE!/ライフ【Blu-ray】 [ クリステン・ウィグ ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2016/8/24時点)

 

結末

さっきから言ってるネガ事件。これは、簡単に言うと雑誌のLIFEが廃刊になることが決定して最後の表紙を飾る写真のネガを紛失するという事件です。

写真を送ってくれたさすらいのカメラマンに会うためにシェリルは世界各国を飛び回ることになります。

が、結局はカメラマンが送ってくれた財布の中にネガが入っていて、自分の手元にあったというオチがつき、さらにそのネガに写っていたのは自分だったというオチもつきます。

人生の真髄とまで写真家が語ったその写真に写っていたのは、裏方で仕事を支えるシェリルだったわけです。

最後には表紙まで飾って、自分の仕事が賞賛される。これほど名誉なことはないですよね。この流れは好きです。

ただし、この結末を描くだけにこの映画が作られているとすると管理人は少し物足りなさを感じてしまうんです。劇中、彼は様々な土地に行き広大な大地に触れ合って、ヒマラヤまで登ります。スケールがまさに最大値なわけです。

それらを観てきてしまったがために、どうもラストがしょぼくれて見えてしまったんです。ここが非常に残念でした。

仮に裏方のプロフィッショナルを褒めるとしても、よくよく考えるとネガと同時に送られてきた財布の中をろくに確かめないというのはいかがなものかと。

確かに一番悪いのは、ここ一番という時にお茶目っ気を出してしまったカメラマンですが、これはシェリルの落ち度と捉えても過言じゃないわけで。

ともすると、この映画は落ち度ある裏方を無駄に賞賛するという意味の分からない映画になってしまって‥ う~ん。どうもすっきりしませんでした。

まとめ

映画「LIFE!」ストーリーを重視で考えてしまうと、どうしても残念な映画でした。

主人公の成長物語として捉えるには、主人公はすでに立派な男です。はたまた、裏方のプロフィッショナルを褒める映画にしても何か抜けている気がするし。

ともすると、この映画の良さは雰囲気だったり、風景の綺麗さにあるのかななんて思ったりします。

いずれにしても、この映画は自分にとっては当たりではありませんでしたね~。

まだこのあいだ観た、映画「図書館戦争」の方が数倍は面白かったです。

映画「図書館戦争」についてはこちら
映画「図書館戦争」岡田准一がただただイケメンな本格映画

仮に、冴えない男が変化する映画だったらジム・キャリー主演映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」の方が良いと思います。

今まで消極的に考えて、NOと言い続けてきた男。しかし、ある日をきっかけに全てをYESと答えるようにした。その結果が男にもたらしたものは?っていう映画です。

コメディタッチで楽しく観れる映画です。