漫画「夏目友人帳」11巻 夏目の両親の姿が分かる回 哀愁が漂いまくり

漫画

どうも管理人katuです。

久々に漫画「夏目友人帳」シリーズを読みました。

今回で11巻目ですが、久々に読んだからなのか、ストーリー自体が哀愁漂いまくりなのかめちゃくちゃ読んでて切なくなりました

漫画「夏目友人帳」11巻

42.43話 封じてあるもの

夏目の友人のタキ邸で起こる怪奇です。

タキのおじいちゃんは、妖かしが観たくてたまらない人で研究に没頭するも一回も妖かしを観ることが出来ずに亡くなった方でした。

しかし、偶然にもおじいちゃんが術をかけて封じてしまっていた悪い妖かしが、蔵の掃除で逃げ出して~という回。

妖かしが観たくて研究に研究を重ねたおじいさんと、妖かしを観たくないのに観てしまうという夏目の対比です。

そして、肝心なのはこの家には実はおじいさんが生きている間に別の小さな妖かし達が遊びに来ていたということです。

妖かし達は、人間なんぞという態度で接してきますが、夏目とともに最終的には悪い妖かしを倒してくれます。

小さな妖かし達は、自分たちを観ようと頑張るおじいちゃんが好きだったんですね。でも、ついには自分たちを観ることなくおじいさんは亡くなってしまうのです。

妖かしは最後に、おじいさんの残した妖かしが見える陣を通してタキに別れを告げます。

そこに存在するのに、認識してもらえないというのはホント切ないですよね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

夏目友人帳(11) [ 緑川ゆき ]
価格:463円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)

 

44.45.46話 遠き家路

この回は個人的に神回だと思います。

夏目の両親の写真が観れるこの回ですが、数話を通して昔の夏目と今の夏目の比較ができます。

昔の夏目は、味方が居なくて本当に一人。人を傷つけないためにも周りに嘘をついたりしていました。

しかし、今の夏目は田沼などの共通の友人ができて一人ではありません。

そんな夏目が、一人だった頃の自分を見つめなおし、その悲しみがあったからこそ今があると結論付けるストーリーは感動的です。

この回で特殊だと思ったのは、夏目本人の気持ちもさることながら、夏目が世話になる親戚の人に子供が居た場合にその子供がどんな境遇に置かれるかというのがわかるということです。

夏目も孤独で、非常に寂しい思いをしていますが、親戚の子も特異な夏目とひとつ屋根の下に住んでいるということでからかわれたりもするんです。

親を亡くして孤独な夏目と、親を夏目に取られるんじゃないか。夏目のために自分の親がどうしてという葛藤が見れます。

まとめ

簡単に漫画「夏目友人帳」をジャンル分けするとおそらくオカルトに分類されるでしょう。

とはいえ、その本質にあるのは親を亡くし親戚にたらい回しにされた孤独な過去をもった青年の話というヒューマンドラマです。

また、妖かし自体もただ単にオドロオドロしいものだけではなく、どちらかというとヒューマン的な。

人間味があり、それぞれに個性やストーリーがあるものが多くあります。そういった点で、管理人はこの夏目友人帳という漫画が好きなんだぁと改めて思いました。

その他の夏目友人帳の記事はコチラ
漫画「夏目友人帳」まとめ