映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」冴えない男が全ての答えにイエスと言ったらどうなる?

洋画

どうも、管理人katuです。

このあいだ、映画「LIFE!」が自分の想像の斜め上いっててどうにも辛かったって話を書きました。

映画「LIFE!」が想像の斜め上いってて自分には早すぎた件

映画「LIFE!」予告

[youtube id=”xN0Q6A-7I_M” align=”center”]

で、その際に映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」の方が冴えない男が変化する映画としては面白いぜって話をしたんですが、どういう映画だったのか改めて観ました。

人生、イエスだけでは無理なんだなと改めて思った次第です笑

映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」

一文あらすじ

冴えない男が全ての返答にイエスと答えた時、世界は動き出す。しかし、実はそれだけでは不完全だった‥

Yahoo!映画さんではこんな感じ

仕事でもプライベートでも「ノー」を連発し、親友の婚約パーティーまですっぽかしてしまう後ろ向き男カール(ジム・キャリー)。

生き方を変えようと決心した彼は、いつどんなときも「イエス」と言うルールを自分に課す。

その結果、偶然知り合ったアリソン(ゾーイ・デシャネル)から好意を持たれるなど、運気を上げていくカールだったが……。

予告動画

[youtube id=”c6RUU43Q2TY” align=”center”]

見どころ

キャスト

何と言っても、主演のジムキャリー。彼のおかげで、このなんともくだらない感のある男を見ることが出来ます。

コメディー映画といえばジム・キャリーっていうのが管理人のイメージなんですが、どうですかね。

ジム・キャリー?誰だそれって方は、映画「マスク」、映画「ブルース・オールマイティ」とかではどうですかね。なんとなく思い出せます?

今までNOと言い続けてきた男がYESと返すだけで、どう変わるのか。そして、それだけでは不完全でやはりYESにも限界が有ることに気がついていく‥

っていう、まぁよくよく考えたら当たり前の話をコミカルに描いていけたのは彼の力が大きいはず。

そして、ヒロインの奇抜さにドン引きしながら、よくこんな子好きになるなと思いながらも、若干共感が持てるのはズーイー・デシャネルが可愛すぎるから。

あとは、まぁ他にもおちゃらけオタク上司とか、中国人の男のナースとか、色々出てくるけどこの二人の存在が大きいです。

ストーリー

前述しましたが、要は自身のない、何もないと思っているNO男がYES男になって色々と経験してスキルを磨く。そして、彼女とゴールインする話なんですがね。

ただYES男なった、あらたくましいでゴールインするわけじゃないんです。

主人公のカール・アレン(ジム・キャリー)は、偶然行ったセミナーで自分との契約でNOと言えば自分に不幸が襲いかかると本気で信じてYESマンになるんです。

そんなYESマンは彼女に同棲を打診されたときもYESと当然答えるんですが、後にそれがセミナーのせいで全てYESで答えているということがバレて騒動になったりとか。

ただの自己啓発で終わらないところがこの映画の良さかと。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

イエスマン”YES”は人生のパスワード【Blu-ray】 [ ジム・キャリー ]
価格:1500円(税込、送料無料) (2016/9/7時点)

 

ウィークポイント

ヒロイン

ここが一番大きいのかなと。

いや、あなたさっき「ズーイー・デシャネルが可愛すぎる」とか言ってたやん(;・∀・)

とか思ったあなた、えらい。こんな駄文をしっかり読んでくださってホント感謝です。

ただ、その前にちょこっと付け加えているはずです。「ヒロインの奇抜さにドン引きしながら」と。

これはほんとそのとおりで、カールはあの運命の出会いがなければこの子の事ホント好きになったんだろうかと疑問に思うほど奇抜。

例えば、彼女のやってるバンド名が「代理ミュンヒハウゼン症候群」。精神病の名前です笑

この病気は周囲の関心や同情を引くために病気を装ったり、自らの体を傷付けたりするといった行動が見られるそうです。

うん、やっかい極まりない(・∀・)

さらに、趣味としてランニングしながら写真を撮るという運動もやってたりします。なぜランニングと写真を混ぜるのか。混ぜるな危険ですよ。

バイク乗りながら写真撮ったり、スクーターぶっ飛ばしたり、も~変わりもん。

そんな変わりもんでも、好きになるよな~って同感できちゃうのが、ズーイー・デシャネルの可愛さのおかげなわけです。

なので、ズーイーが可愛くないと感じる方はこの映画共感出来にくいでしょうね~。

他映画ですがズーイーの魅力はこんな感じ

映画「(500日)のサマー」

[youtube id=”a4kngO22EV4″ align=”center”]

映画「LIFE!」との違いは?

管理人は映画「LIFE!」がダメな理由はこちらでも書きました。

映画「LIFE!」が想像の斜め上いってて自分には早すぎた件

要は設定部分で、かなり向いてなかったんですよね。

一方の、映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」はどうなのか。

まず、主人公のカールは見事にNOマンとして描かれています。友達の結婚パーティーさえ適当にやろうとする男ですから。ほんとNOマン。そんな彼が見事にYESマンに変わる様は観ていてはっきりわかるし、面白い。

次に、LIFEの主人公ミティは真面目な男でしたが、カールは真面目なんだけどどこか憎めない間抜けさお調子者かげんがあって観ていて飽きない。

結末の部分も、ミティの場合はおいお前もっとしっかりしろよって事で終わりそうな話。一方のカールの場合は、YESで人生たしかに変わったよね~。おめでとうっていう感じで共感できるんです。

スケールのでかさは圧倒的に映画「LIFE!」なんですが、面白さはイエスマンが上だと管理人は思いますね。

まとめ

映画「イエスマン “YES”は人生のパスワード」。管理人はジム・キャリーの映画だとこれと「ブルース・オールマイティ」が好きですね。

どちらの作品も、憎めない男をジム・キャリーが熱演しています。

それにしても、今回の映画「イエスマン」改めて観ましたが、YESと言い出すようになってからの変化が面白いなと。

今までやったことのないことに、YESのおかげで次々と挑戦することになります。逆を言えば、我々は常に周りにチェンジの可能性を持っているってことなんですよね。

しかし、それに気がつかないでなんか変わらないかな~変わりたいな~って思っていることが多い人もいるんじゃないでしょうか。

そういう人は、この映画を観て新のイエスマンになってから行動に変化を与えてみるのも面白いかもしれませんね。