新海誠監督に〇〇フェチ疑惑が!過去作品から検証してみた

芸能 邦画

どうも、管理人katuです。

いや~、現在話題沸騰中の映画「君の名は。」素晴らしい作品ですよね。

三葉ちゃんの可愛いこと可愛いこと。

映像のきれいなことキレイなこと笑

関連記事
映画「君の名は。」ネタバレ&感想 新海ファンは秒速と絶対重なるラストのあの瞬間

さて、そんな素晴らしい作品を生み出した新海誠監督ですが、管理人は密かに思っていることがあります。

新海監督、あなた「足フェチ」じゃないですか?と。

 

今回は、管理人が思う新海監督が足フェチたる所以をご紹介したいと思います。

新海誠 足フェチ説のワケ

映画「言の葉の庭」で思った疑惑

管理人が、気がついたのはこの作品が最初でした。そう、映画「君の名は。」の前作にあたる作品。映画「言の葉の庭」

この映画のあらすじをちょろっとYahoo!映画さんの言葉を借りて説明しましょう。

靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。

そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。

タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心する。

予告

[arve url=”https://youtu.be/YLDxwZHRP6o”]

とまぁ、こんなかんじで主人公は靴職人を目指していて、この謎のお姉さまのために靴を作ろうとするわけです。

そこで登場なのがお姉さまのおみ足ですよ。雨の降る公園、すらっと長く伸びた美しい脚。

まぁ作品の流れから、足をきれいに写したところで特に違和感は全然なくて。でも、うっすらとこの監督、足好きなのかもな~なんて思っていたわけです。

映画「君の名は。」でついに確信へ

そして、それが確信に変わったのが今作。「君の名は。」でした。

特に感じたのが、隕石が降る前夜の三葉の描写。細い足からカメラワークがなされていて、それを組み替えたりしてもう色気たっぷり

もうこれのためにここまでやって来たんじゃないかってくらい素敵。監督ナイスジョブです。一生ついてきます!って感じでにんやりとしてしまった瞬間でした笑

まとめ

管理人が感じた新海誠監督の足フェチ疑惑。皆さんはどう感じます?

そう思ってみると、けっこう足に力入れている感じがすると思います。管理人が感じ始めたのは「言の葉の庭」からなんですが、もしかしたら前の作品でもそういうのがあるかもしれませんね。

映画「君の名は。」を観てから、ちょうど新海誠監督の前の作品もしっかりと見直してみようと思っているので、また発覚したら追記していこうと思います。

関連記事
新海誠を知らしめた作品「ほしのこえ」 ネタバレ&感想 携帯が繋ぐ8.6光年