渡辺謙は白血病をヤクルトで治したってマジ?? 検証してみた

芸能

どうも管理人katuです。

映画「怒り」で渋すぎる父親役を熱演した渡辺謙さん。

映画「怒り」予告

[arve url=”https://youtu.be/iMG1qVZ2dcs”]

映画「怒り」はカップルでは絶対に観に行くな! ネタバレ&感想付きで解説

ちなみに、渋い演技としては「許されざる者」も捨ててはおけません。

映画「許されざる者」予告

[arve url=”https://youtu.be/O3hHMSqHgpw”]

こちらもカップルにはお勧めできない映画ですね。

映画「許されざる者」 人を倒すことの虚しさ…

渡辺謙さんの映画カップルお勧めできなさすぎる笑

渋い役柄が多いために、話が大体暗かったりするのが多い気がします。映画「インセプション」なんかはスマートにカッコよかったですけどね♪

さてさて、そんな渡辺謙さんですが、白血病にかかったことがあるというのは薄々聞いたことがあったのですが、それを「ヤクルト」で治したんじゃないかなんて話が持ち上がっています。

ヤクルトで白血病が?もし本当ならすごいことですが、ちょっと疑わしいですよね。

といわけで、今回は渡辺謙さんが白血病にかかってしまったいきさつと、本当にヤクルトで治したのか検証していこうと思います。

俳優 渡辺謙と白血病 ヤクルトで完治は本当だったのか

白血病にかかったいきさつ

渡辺謙さんが白血病だとわかったのは1989年。

くしくも、初の主演映画「天と地と」の撮影の最中に判明してしまいました。

この映画は、上杉謙信の生涯を描いたもので代役を榎木孝明が行い公開されました。

闘病

渡辺さんがかかった白血病は、詳しくは「急性骨髄性白血病」という病で現代でも生存確率は、50%と言われている重い病です。

彼は一年の闘病の末、俳優業に復帰をします。

ですが、1994年にまた再発してしまい、さらにこの時輸血が原因でC型肝炎ウイルスに感染にも感染してしまいました。

しかし、その後一年後に完全に復活します。その時に騒がれたのが、ヤクルトを飲んでいたから治ったのではないかといわれているわけです。


ヤクルトはそもそもそんな効果があるの?

管理人にとっては、あまい乳酸飲料ヤクルト。あんなもんが本当に効くのかねぇと半信半疑で調べてみました。

すると、たしかに「免疫力を高める効果は期待できる」ようです。

また実際、渡辺謙さんが「ヤクルト400」を飲んでいたことも事実のようです。

ただ、それを飲んでいたから治ったからCMをやったという風に書いている記事を見かけるのですが、それは違うみたいです。

以下は渡辺謙さんの自身のTwitterからの引用です。

とあるように、ヤクルトを飲んで克服したからCMに出ているのではなくて、「克服をしたから」ヤクルトのCMに出ているという流れの様です。

当たり前ですが、これを飲んだからといって必ず白血病が治るというわけではないようです。

あくまでも、免疫力を高める効果が期待でき、それが白血病に対してもたらす良い流れがあるかもしれない。程度のものだと思います。

まとめ

いまや、ハリウッドスター渡辺謙。

しかし、その男の裏には苦しい闘病から見事に生還した男の姿がありました。

関連動画
映画「怒り」はカップルでは絶対に観に行くな! ネタバレ&感想付きで解説
映画「許されざる者」 人を倒すことの虚しさ…