漫画「夏目友人帳」21巻 特別編17 学生時代の名取と的場イケメンすぎww

漫画

どうも管理人katuです。

今回は、漫画「夏目友人帳」21巻 特別編17「伸ばした手は」のネタバレ&感想を書いていきます。

イケメン名取と、的場の貴重な学生時代の姿がわかります。

しかも、的場は目の妖かしのために札を貼る前なので、よりイケメン。これは、ファン必見でしょうね。

漫画「夏目友人帳」21巻 特別編17

学生時代(おそらく高校)の名取は、祓い屋として客がつかず、さらに学生仲間にも怪しいやつと煙たがられていました。

ある日、祓い屋の勉強のために遅くまで勉強していたために授業中に居眠りをしてしまいます。

そこで、隣の席のトミタハルオミが気を利かせてノートを貸してくれます。後日、ノートを返そうと話しかけた的場は、ハルオミに妖かしが取り憑いている事に気が付きます。

そこで、彼に気が付かれぬように妖かしを引剥しますが、代わりに彼が妖かしに取り憑かれてしまいます。

そんな中、祓い屋の会合が開かれます。

会合中、テーブルから手が伸びてきたので、誰かが潜んでいると下を覗くと的場の次期当主が隠れていて‥

スマホで夏目友人帳はいかがですか?
電子書籍の本屋さん

学生時代の的場と名取

この物語では、学生時代の的場と名取のからみが描かれています。おそらく、学生時代の彼らの話は初だと思います。

名取は、祓い屋として才能はあるものの、周りからは快く思われずに実績を作ろうと躍起になっています。

一方の名取は、すでに次期当主としての志を胸にいだき、一門の不敵際を裏でしっかりとフォローしています。

今の感じでは犬猿な二人?ですが、学生時代はなんだかんだで馬が合いそうな感じがします。今回は二人で力を合わせて、名取に取り憑いた妖かしを祓ってますしね。

名取一門は大妖の約束を守っていないから、ろくな妖かしを使役できないという設定もちらっと説明されいたりして、結構大事な回です。

管理人の勉強不足

と、ここにきて管理人の勉強不足が露呈しました。

この話の中で、名取は「瓜姫」という妖かしと出会います。これってたしか、名取がいつもサブで使ってる妖かしじゃなかったでしたっけ?

ここがすっきりしないんですよね~。それと、会合中に名取が話しかけてる「タクマ」という人物。

たしか、名取の祓い屋の先生だった気がするんですが、たしかな話がどこに収録されてたかな~状態ですっかりと忘れております笑

くそう悔しい!おいおい調べてみようと思います。

その他の漫画「夏目友人帳」の記事はコチラ
漫画「夏目友人帳」まとめ