漫画「ワンピース」83巻 829話 ビックマムって名前じゃなかった! 持病持ち?街を破壊の大暴れ 

漫画

どうも管理人katuです。

前回の話で、ビックマムの娘のプリンがびっくりするくらいいい子でしたね。

ってか、ビックマム子宝に恵まれすぎてびっくりしました笑

漫画「ワンピース」83巻 828話 ビックマム子宝に恵まれすぎな件www

サンジとルフィは会えるんでしょうか?さっそく829話の感想&ネタバレを書いていきます。

漫画「ワンピース」83巻 829話 「’海賊「四皇」シャーロット・リンリン」

あらすじ

プリンと約束して、サンジと落ち合うためにホールケーキアイランドに向かうルフィ一行。

一方その頃、ホールケーキアイランドはある大惨事に直面していました

首都スイートシティに「発作」を起こしたビックマムが町を破壊しながら近づいていたのです。

ビックマムの発作。それは食べたいお菓子を食べるまで我を忘れて暴れまくるというもの。

息子であるシャーロット・モスカートが止めに入ろうとしますが、聞き耳を持たず。

息子である彼の命を能力によって削り取って葬ってしまいます

なんとか、ジンベイがお菓子を持ってきてビックマムの正気を戻すことに成功。

どうやら、ジンベイは大事な話があるようなのですが、ビックマムはそれを遮って聞きます。

海賊団を抜けようとは考えてないだろうなと…

ビックマム

姿と名前

今回の829話でビックマムについて色々とわかります。

まずフォルム。話中にジンベイ親分が出てきますが、それを遥かに越す巨体。一度暴れれば、町も簡単に壊してしまうサイズです。

醜さでいえばアルビダ(旧形態)を思い出しますが、デカイし強いしでたちが悪いです。

漫画「ワンピース」1巻 2話 コビー初登場!金棒のアルビダとの決別

名前は「シャーロット・リンリン」。てっきり、ビックマムが名前だと思っていたのですが、これは海賊団の名称。

つまり、正式には「ビックマム海賊団のシャーロット・リンリン」です。ちなみに、彼女はトットランドの女王でもあります。

能力について

能力ですが、皮肉にも自分の息子をその能力によって葬っています。

それが「相手の寿命を取る能力」です。技名や、食べた実については詳細はまだこの時点では発覚していません。

が、相手の寿命を直接取ることができるとか相当厄介な能力ですよね。

気になるのが、話中に語られる

モスカート!落ち着け!臆したら寿命を取られるファ!

というおそらくママの息子の言葉。

つまり、臆さなければもしかして寿命は取られない?ここがもしかしたら、解決策なのかもしれませんね。

名言

…………………………―――ウチやめたり……しねぇよな

ビックマムの癇癪を静めることに成功したジンベイ。大切な話をしようとした矢先にビックマムが放ったのがこの言葉です。

町を癇癪一つでぶち壊すほどの能力を秘めた四皇ビックマム。

そんな相手にしばらく沈黙をされて鬼の形相でこれ言われたら確実に何も言えないっす

まとめ

83巻 829話はビックマムについて色々とわかる回でした。

それにしてもビックマムの本名がシャーロット・リンリンだったとは。リンリンって顔してるとは思えないですが…

まぁ本人にそんなこと言ったら確実に命取られますね笑

しかし、この能力やっかいですよね~。しかし、実体がある分いくらかは戦いやすいのかも?

確実にボスですから戦うはルフィでしょうね。特に覇気をまとわなくても殴れそうですが、殴った瞬間に命を削られたり?

ぶっちゃけウソップで遠距離射撃して連続攻撃していたほうが効率はいい気がしますが、そこは少年漫画。

おそらくルフィとの一騎打ちなんだろうな~とか想像してます笑

その他の漫画「ワンピース」の記事はコチラ
漫画「ワンピース」まとめ