映画「アバター」カップルが観るとしたらどうなの?

洋画

どうも管理人katuです。

ジェームズキャメロン監督の代表作「アバター」ですが、今回はカップルで観た時のおすすめ度、ポイントはどうなのかという事で記事を書いていきます。

最初に言っちゃうと

おすすめ度 50%」です。はてさてその理由とは

映画「アバター」カップルで観るとどうなる?

こういうカップルにオススメ

アバターのおすすめポイントはまるっとこちらの記事でも紹介しました。
映画「アバター」の素晴らしいところは? 映像美以外もあると思う!

つまりは、映像美・ストーリー共に素晴らしいよと。ではどういった彼女だったらビビッと来るのかについてお話しましょう。

この映画は、惑星「パンドラ」で繰り広げられる物語ですが、実際その本質は「原住民と現代人との戦い」にあると思います。

ジャングルの奥地で自然を大切に、自らを自然の一部とする原住民に対し、しっかりとした建物に住んでいてそんな考えなど鼻で笑う現代人という図が垣間見れるのです。ということは、動物や、自然が大好きな彼女に向いている作品といえます。

また、女性の部族長が人間と手を組み戦うという物語でもあるので、戦いものが好きという熱い彼女にも楽しめる作品だと思います。

こういう彼女にはおすすめしない

SFなんて子供が観るものでしょう?っていう女子

「アバター」という名の通り、人間が人造生命体を作り出し、それに神経を機械で接続して操る。

それが体長3メートルを超える肌青色で尻尾のある人形で、さらには惑星パンドラというコールドスリープをして6年の宇宙旅行の先にある惑星で資源の略奪やるよっていう。

つまり、何が言いたいかって言うと、そういうSFダメな子にはまったく向いていません

まぁ~こういう方はパッケージの段階で拒絶反応がとんでもないと思うので、観ることもないでしょうが笑

ちなみにコチラの記事にも書きましたが管理人はこういうSFまったくダメな子はダメです笑<(`・ω・´)
映画「アルマゲドン」はカップルで観るのにオススメ?

青いフォルムがまったく受け付けない女子

アバターといえば、全身真っ青。尻尾も生えてて、なんだかキモい!でおなじみです。

ま~しかもそれが全長3mもあって、髪の毛の先からウァシャウシャ~ってイソギンチャクの触手のようなものまで出るって聞くとさらに拒否反応も強くなると思いますが~笑

かくいう、管理人も予告編とか観てうぉ(´・ω・`) ってなってた一人です。

でも、多分慣れです。劇中、アバターとナヴィだけが映っているときが多いので、こういう種族も有りなんだなと思えてくるはずです。むしろ、男性はネイティリが可愛く見えてくるはずです笑

それでも、拒絶反応が著しい彼女さんはちょっと難しいかもしれませんね。だって劇中ど~してもあの青いフォルムをずっと見続けることになりますから。

お色気は?

さて、カップルで観るときに気になるのが男性が一人で観るときはウハウハだけど、二人で観るとなんとな~く居心地が悪くなるシーン。そう、「お色気シーン」ですね。

この映画の場合は、どのレベルのものが登場するのかというと~。ズバリ、「キスシーン」レベルです。

なので、よほどの中学生とかウブなカップル以外は大丈夫なはず!笑

まとめ

今回は、映画「アバター」を彼女と観るとどうなるのかについて書きました。

まとめると、自然大好きな彼女、熱い戦いが好きな彼女には向いていて、SFものだとかがダメな彼女さんにはいまいちなはずって結果でした。SFダメな方はこの映画ダメでしょうし、独特の彩色のある映画なので大きく減点となりました。

その点、前回に書いた映画「アルマゲドン」では脅威の80点を記録してますからオススメです。
映画「アルマゲドン」はカップルで観るのにオススメ?

その他のアバターの記事はこちら
映画「アバター」まとめ