映画「60歳のラブレター」カップルで観るなら

邦画

どうも管理人の katuです。

今回は、映画「60歳のラブレター」をカップルで観る場合について書いていきます。

ちなみに

カップルおすすめ度は80点です。

詳しく見ていきましょう。

映画「60歳のラブレター」カップルで観るなら

こういう人にオススメ

この映画は、二組のカップルと二組の夫婦が織りなす愛の物語です。

あらすじはこちら
若者にもオススメ 映画「60歳のラブレター」

つまり

  • 恋愛物を観たい彼女
  • 結婚とは何か、恋愛とは何かとかいう題材が好きな彼女
  • 温かい気持ちになりたい彼女

などにオススメできます。

こういう人にはオススメできない

逆に、どういう人にはダメなのかというと

  • 過度のラブラブを映画に期待する彼女
  • 若い男女の恋愛話が観たい彼女

にはダメだと思います。

お色気は

この映画ではそういったシーンはまったくありません。あるとすれば、医者が60歳近い夫婦に性生活は最近どうかと尋ねるレベルです笑

十分お茶の間でも対応できるレベルだと思います。

まとめ

この映画は、もちろん派手な演出などはありません。静かに展開されていく、四組の男女の物語を楽しむ映画です。

一部納得がいかないシーンがあるので、評価は下がりましたが

管理人が納得いかないワケとは
映画「60歳のラブレター」橘夫妻の考察 

それでも全体的に見れば、素晴らしい邦画だと思います。60歳近い男女が多く出てきますが、若者でも十分に共感できるものだと思います。

温かい気持ちになりたいときは、是非この映画を観ていただきたいです。

この映画のその他の記事はこちら
映画「60歳のラブレター」まとめ