あなたは本当の物語を知っていますか? 映画「マレフィセント」

洋画

どうも管理人 katuです。

最近、ディズニーの悪役達(ディズニーヴィランズ)に注目が集まっているなんて話を聞きまして、借りてきました。

映画「マレフィセント」。この映画では、「眠れる森の美女」の悪役 マレフィセントを中心に語られます。
知られざる、眠れる森の美女の本当の話とは??

映画「マレフィセント」

一文あらすじ

森の妖精 マレフィセントの数奇な運命の物語

妖精 マレフィセントは、妖精の国 ムーア国に生まれました。彼女には身の丈もある大きな翼が生えていて、自慢のその翼で大空を羽ばたき、他の妖精たちと仲良く暮らしていました。

そんなある日、傲慢な人間の王様が国を治めている隣国から一人の人間が、ムーア国に入ってきたという話を彼女は聞きつけます。

彼女はめったに見ることのない人間を見るために、現場へ駆けつけました。すると、そこには自分と同い年ぐらいの少年がいました。名をステファンといいました。

マレフィセントは、彼がムーア国の宝石を持って帰ろうとしたので、その宝石を返すように求めます。彼にはムーア国の兵士がぴったりと張り付いていたので、すんなりとそれを彼女に返しました。

お互い両親を亡くした境遇であり、妖精のマレフィセントは鉄に触れるとやけどするという話を聞いた直後に指輪を捨てたステファンに彼女は恋をしました。

そして、少年と少女だった彼らは仲の良い友達なり、さらに恋人へと長い月日をかけてなっていきます。そしてマレフィセントが16歳になった時、ステファンは彼女に「真実の愛のキス」をします。

しかし、彼らの恋は長くは続きませんでした。ステファンは野望に目覚め、マレフィセントの下を去っていったのです。

 

それからしばらくして、人間の住む国がムーア国に戦争を仕掛けます。マレフィセントは、ムーア国の守護者となって彼らを見事退くことに成功します。

やがて、人間の国王に死期が迫ってきました。彼は、マレフィセントを葬ったものに王位を継がせることを宣言します。

若き日のマレフィセントの恋人 ステファンは野望に取り憑かれていました。彼は、彼女にクスリを盛って、眠らせて短剣で葬ろうとします。しかし、出来ませんでした。彼にも彼女を思う気持ちは少なからずあったのです。

代わりに、彼は鉄の鎖で彼女の羽を根っこからもぎ取り、それを王に献上して見事次期王へとなることに成功します。

マレフィセントは、痛みと恨みで今までの彼女とは全く違うものへと変貌しました。そして、王となったステファンと王妃に子供が出来ると知ると…

まったく新しい「眠れる森の美女」

衝撃的だったのが、この作品は魔女に焦点を当てたもので、しかもその魔女が王様と恋人関係にあったこと。そして、むしろ悪いのは人間側の方で、魔女は被害者。恨んでも当然という環境下の中で魔法をかけるということでした。

よく知る眠れる森の美女は、招かれざる客として怒った魔女が幼い王女に勝手に呪いをかけるという話。これは、ほんと完全に魔女が悪役として見れるんですが、今回はそうではないんですね。

ここでは深くは語りませんが、マレフィセントはホントはいい人ですし、そのことに改めて気が付かせる王女もすばらしい女性ということです。

※追記
映画「マレフィセント」 マレフィセントの本当の素顔とは?

まとめ

ディズニーの悪役(ディズニーヴィランズ)に焦点を当てたこの作品でしたが、

ヴィ、ヴィランじゃなくね?(゚∀゚)

っていう感じです笑

この映画を見れば、むしろヴィランなのは間違いなく人間側の王様です。これについては別記事でまとめていきます。

※追記
3分でわかる映画「マレフィセント」のステファン王のクズっぷり

この映画は「眠れる森の美女」をマレフィセントサイドから観るという映画ではないです。むしろ、全く新しい「眠れる森の美女」を作っちゃったというレベルです。いい話だと思います。

映画「マレフィセント」のその他の記事はコチラ
映画「マレフィセント」まとめ