映画「マレフィセント」の3つのオススメポイント 

洋画

どうも 管理人のkatuです。

映画「マレフィセント」の王様。どっかで観たことあるな~と思ったら、映画「特攻野郎Aチーム」のイカれた飛行機乗りマードックじゃないですか!

あの映画ではファンキーで許されたけど、今回は本気で精神病んじゃってたねぇ。精神病む役が多いのかしら?笑

映画「特攻野郎Aチーム」についてはこちら

[youtube id=”0vi2hBnusw8″ align=”center”]

映画「特攻野郎aチームTHE MOVIE」まとめ

余談はここまでとして、今回は映画「マレフィセント」のおすすめポイント3つまとめました!せっかくなのでランキング形式でご紹介していきたいと思います。

ネタバレ入ってますので、お気をつけ下さい!

映画「マレフィセント」おすすめポイント3つ

3位 映像美

マレフィセントの住むのは妖精の国 ムーアです。ここでは、マレフィセント以外にも様々な妖精たちが暮らしています。当然、ムーア国の映像も流れるのですが、その映像がとてもファンシーで和みます。

映画「アバター」のように、とまではいかないものの、世界観が出来上がっていて素敵だと思いました。

映画「アバター」はこちら

[youtube id=”qYe-ncx3rVE” align=”center”]

構想14年、製作に4年以上の映画「アバター」

2位 ストーリー

最初はぶっちゃけ、なんだ眠れる森の美女でしょ?知ってる知ってる~(゚∀゚)

って完全に舐めてかかってこの映画を観たんですが、正直なめてはいけません笑

ディズニーは全く新しい、納得の行く新「眠れる森の美女」を作成していたわけです。個人的には、マレフィセントが最終的には幸せになるという結末が彼女を救っていて観ていて良かったと思えました

恋人からは裏切られ、仲間からは恐れられ、娘のようにかわいがっていた人間からも嫌われるなんて状態で終わったら後味最悪すぎですもんね笑

こんな状態で終わったら映画「マイレージ・マイライフ」以来の後味悪いレビューを書くところです。

映画「マイレージ・マイライフ」についてはこちら

[youtube id=”jkajYO97aoU” align=”center”]

ダレ得?映画「マイレージ、マイライフ」

1位 アンジェリーナ・ジョリーの名演技

栄えある1位輝いたのがこれです。正直、この映画はアンジェリーナを観るための映画と言っても個人的には過言ではないです笑

彼女は本当に見事にマレフィセントを演じてくれました。この映画を見終わった後は、マレフィセントはアンジェリーナ以外務まらなかったに違いないと思えるほどです。

マレフィセントの憎しみ、愛情、悲しみ、その他の感情をエレガントに表現し、彼女の美しさがまたそれを際立てます。

 

まとめ

ジョニー・デップの映画をジョニデ映画として、親しみを込めてそういうなんて話を聞きましたが、私はこの作品をアンジー映画として呼びたいです笑

そんな彼女の周りを、ストーリーや映像美が取り囲んでこの映画を良い物へとさらに進化させてくれました。

映画「マレフィセント」のその他の記事はコチラ
映画「マレフィセント」まとめ