因縁の対決? 的場当主VS夏目! 漫画「夏目友人帳」9巻

漫画

どうも管理人のkatuです。

今回は、漫画「夏目友人帳」9感のネタバレ&感想を書いていきます。7巻であのニャンコ先生に手傷を負わせた的場当主が再登場!再度、夏目の前に立ちはだかります!

漫画「夏目友人帳」9巻

32、33話 小さきもの

カラスが子猫を襲ってる!と思って助けたら、妖かし。そう、これが夏目クオリティー笑

でも、ほんとに怖いのはその妖かしが間違えて持ってった、指輪を無くした妖かし。レイコに名前を取られていた、この妖かし。

なんとニャンコ先生に御札を貼って無効化できるばかりでなく、裏山ごとここら一体を焼き払えるほどの能力の持ち主。そんな強力な奴の無くした指輪を探さなくちゃならなくなって(しかも期限付き)、ほんと夏目は気の毒な運命の持ち主です。

ここら一体を焼き払えるって、巨神兵かよ!(´・ω・`)笑

しかも焼き払う理由が、その指輪は燃えないらしく、ここ一体を焼き払えば指輪が見つけやすくなるからって。

巨神兵かよ!(´・ω・`)

いや、巨神兵にそんな設定なかった笑

幸いにも、小さきものが助けてくれて事なきを得ました。小さきものが力を合わせれば、大きなものや事柄に立ち向かっていけるっていう話です。

34,35,36話 東方の森

お麺を被った妖かし集団に襲われる夏目。そして、ひょんなことから的場家の別邸に囚われてしまいます。この話の見どころとしては、やはり的場VS夏目のシーンもさることながら、夏目達を襲った妖かし達に放ったニャンコ先生の一言です。

仮にも私はこれの用心棒。次にこれに手を出すならば お前らの敵は祓い人でなくこの私。

いつでもかかってくるがいい

いつもぐーたらやってて、夏目がやられちゃう感じの用心棒ですが、このセリフにはシビレますね!

きゃー斑様~~!(゚∀゚)

って感じです笑

的場家の当主とは相変わらず話が合わず、お互い理解に苦しみ、妖かしからも勘違いされてしまう夏目。しかし最後には百鬼夜行ならぬ夏目夜行?夏目の友達の妖かしがバーっと集結して助けに来てくれるんです。

そういったところも、今回のお話の見どころですね~♪

特別編 9

今回は珍しく、夏目がまだ藤原夫妻に会う前の理解者のお話。正直、藤原夫妻に会うまでは全然理解してくれる人なんて居なかったんじゃないか~って思っていたんですが、やっぱりいるものですね。

相手は同級生の女の子でした。夏目はやっぱり端から見ると奇抜な行動をする青年。しかし、彼女はあることをきっかけに夏目に興味をもつようになって~という話。

理解者が現れたかと思えば、次の親戚を転々とする。そういう夏目青年。藤原夫婦に引き取られる一年前の物語です。

まとめ

今回印象に残ったのは、34,35,36話の「東方の森」かな~やはり。的場VS夏目の関係が今後どう変わっていくのか。囚われた時に友人帳も一緒に見つかっちゃってたんですよね~。

幸い、的場本人が触ったわけでもなく、式が触って管理していたみたいでそんなに情報は伝わっていないみたいなんですけど。

紙の束を持っていたというのはバレちゃったみたいなんですよね~。これから的場がどう推測をつけて、夏目にアタックをかけてくるか。また、ニャンコ先生の本気モードでどこまで的場を防ぐことが出来るのか。ココらへんが気になりますね~。

その他の漫画「夏目友人帳」のまとめはこちら
漫画「夏目友人帳」まとめ