漫画「夏目友人帳」 10巻 昔の夏目を知る人物が登場!

漫画

どうも管理人 katuです。

今回は、夏目友人帳の10巻のまとめ&感想を書いていこうと思います。昔の夏目の友だちといえば、9巻の特別編でも語られていますが、今回は男子!

昔の夏目と男子ってなんだか相性悪いような感じがするんですが、一体どうなったんでしょうか。

漫画「夏目友人帳」10巻

37,38話 偽りの友人

ある日夏目がいつものように北本、西村と歩いていると、夏目の昔を知る青年が夏目を訪ねてきます。そして、夏目についてこないとお前の秘密を友達にバラすと言って半強制的に夏目を連れてある場所へ向かいます。

そこで青年は夏目に、ある女性を見て欲しいと頼むのです。どうやら彼は、その女性のことが好きになったのですが、妖かしなのかどうか夏目に確かめて欲しいとのこと。

一見人間のような女性ですが、実は…という話。

過去の夏目を知る人物としては、9巻の特別編で語られるくらいで、男の友人?というのが今まで出てこなかったのですが、今回はじめて出ます

最初は脅しにも取れる彼の行動でしたが、よくよくみれば結構いいやつ。そんな彼と女性の淡い恋の物語です。

39,40,41話 月分祭

人間が豊作をかけて行う祭りを、実際の神様もやってみたいということで始まったバトルに夏目も巻き込まれるという話。しかも、豊作の神様がいなくなってしまっていて、このままでは不作が確定!というあわやの事態。

夏目が、豊作の神様に扮して戦いに挑みつつも、本当の豊作の神様を名取さん達が探します。神様同士のバトル。そして、名取さんとの友情が描かれています。

まとめ

今回で夏目友人帳もついに10巻。最初は友人帳の名前を返すという流れだったのが、もはや名前返している回の方がだんだん少なくなってきていますw

まぁ、にゃんこ先生にとっては友人帳も薄くなっちゃいますからね。そのほうがいいのかもしれませんがw

今回は、大きい話が2話収録されていて、どちらも好きなんですが、しいて言えば37,38話「偽りの友人」が好きかな~。ぶっちゃけちゃうと、妖かしと人間の恋心話なんですよね。しかも決して叶うことのないという…

妖かしは最期に手紙をその青年に向けて書くんですが、妖かしの文字でその子には読めない。ってのがホント切ないっす。

その他の漫画「夏目友人帳」のまとめはこちら
漫画「夏目友人帳」まとめ