映画「最強のふたり」の感想 もしも介護者が乙武だったらこうなる?

洋画

どうも管理人katuです。

今回は、映画「最強のふたり」のネタバレ&感想について書いていきます。

介護者が乙武さんマインドの持ち主です。

映画「最強のふたり」

一文あらすじ

絶対に交わらないはずの二人が、運命のいたずらでソウルメイトになる話

Yahoo!映画さんによるとこんな感じ。

不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。

スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。

すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

予告動画

[youtube id=”uUrg_zWursA” align=”center”]

介護者が乙武マインド?

出会い

Yahoo!映画さんのあらすじからもわかるように、主人公のフィリップは全身麻痺の障害を持っています。事故によって、首から下が動かないんです。

彼は新しく、介護者を探します。やはり全身麻痺ともなると、かなり大変。いくらお金持ちで給料が良くてもなかなか続く人が見つからないんです。

面接で次々といろんな人達と会うフィリップ。みんな秘書のマガリーを通じて、自分はどういう資格を持っていて、どれだけ優れているかの話をします。そんな中、一人奇抜な行動をとったのがスラム出身の黒人青年ドリスでした。

彼は障害者のフィリップを観ても動じず、彼に直接話しかけます。そして、様々なジョークを言いつつも、生活保護の申請に必要な不採用通知にサインを早くくれとまくし立てます。

彼は特に介護者としての資格も何も持っていませんでしたし、スラム出身の黒人。はなから、採用はされないと考えていたんですね。

しかし、それをフィリップは仮採用します。彼は、ドリスが自分のことを一障害者としてではなくて、人間として扱った事を感じていたのです。

最強のふたり [ フランソワ・クリュゼ ]
価格:1458円(税込、送料無料)

 

仮採用のドリス

まさかの仮採用されたドリス。周りも驚きましたが、一番驚いたのは彼でしょう。しかし、まだ仮採用。本採用ではないので、普通であれば頑張って採用されようとしますよね。

でも、彼の場合は違いました。やりたくないことははっきりとやりたくないというし、文句垂れながらしぶしぶやる感じ。フィリップ本人にも、お前マジかよと平然と悪態をつきます

それでも、ドリスの持ち前の明るさと、障害者を一人の人間として接する彼の精神にフィリップは惹かれていき本採用となります。

乙武マインド?

本採用となったドリスですが、ほんと端から見るとよくこんなヤツ採用したなというレベルでひどいです。

チョコレートをくれというフィリップに、ドリスは「これは健常者用のチョコレートだ」と言って食べさせなかったりします。(後でしっかりあげますが)

また、全身麻痺なので感覚がないフィリップに対して熱いポットを押し付けて、マジかよ何も感じないのか?と実験したり。

フィリップの携帯が鳴っても、通話ボタンを押さないで彼に差し出したり。およそ普通の介護者にはあるまじき行動を取ります。

でも、その根底にあるのはくどいようですが、フィリップを障害者として見ているのではなくて、一人の人間として見ている気持ちだと思います。普通の友人のように彼を扱うんですね。そこがフィリップが惹かれた点だと思います。

管理人感想まとめ

ただの感動映画ではない

映画「最強のふたり」では、全身麻痺の障害者フィリップが描かれます。普通であれば、感動作。だけで終わりそうな映画ですが、この映画は違います。

障害者を障害者と思わないドリスの底抜けの明るさが、この映画を明るくしています。管理人はこの映画は人間の成長物語でもあるんじゃないかと思います。

というのも、ドリスは今まで接したことのない障害者に触れ、生きるために無法者だった人間性が徐々に薄れています。また、フィリップにとっても文通で終わらせていた女性と直接会うまでになります。(なかばドリスの強制ですが笑)

そして、彼らの間で結ばれた深い友情を観ることが出来ます

観ていて飽きない

テンポとしてはゆっくりしているはずなのに、観ていて飽きないのは、劇中でいろんなことが起きるからだと思います。ドリスの離婚の危機だったり、恋だったり、息子の非行だったり。

フィリップの日常だったり、恋だったり、娘の恋愛だったり、親友と分かれての寂しさだったり。

まとめ

ひょんなことから、絶対に結ばれることのなかった二人の間に絆が生まれるっていう今回の話。似ている映画があるな~と思ったら、映画「英国王のスピーチ」がそれにあたるのかなと思いました。

[youtube id=”uS3SWKfQZh0″ align=”center”]

⇒映画「英国王のスピーチ」についてはこちら

コチラの映画も、結ばれることのなかった親友の話が描かれています。映画「最強のふたり」。二人の絆が素敵でした。